おれさまラボの実験ノート

実際に手を動かして理解を深めるブログ。

インターネットはよく壊れているという話

はじめに

インターネットは世界をつなぐ大変便利なネットワークであり、この20年ほどで社会インフラとしての地位を獲得しました。

そんなインターネットですが、常時安定稼働しているかと思いきや、実は結構な頻度で「壊れて」います。

ThousandEyes が2019年のインターネット障害をまとめたレポートを出していたので、読んだ内容をまとめておきます。

blog.thousandeyes.com

要約

インターネットの停止はビジネスに大きく影響する。インターネット公開しているWebサービスが影響を受けることはもちろん、これまでMPLSを使ってプライベートネットワークを構築してきた企業が、インターネットをエンタープライズバックボーンとして使い始めたことで、インターネットの停止が企業に影響を与える可能性がある。このレポートでは、2019年に発生した大きなインターネット障害を紹介する。

2019年の大規模インターネット障害

2019年5月13日、China Telecom

障害時間:約5時間

中国本土だけでなく、シンガポールのChina Telecomネットワークや、アメリカにも影響を及ぼした。

Apple, Amazon, Microsoft, Slack, Workbay, SAPなど100以上のサービスが影響を受けたという。

2019年6月2日、Google Cloud

障害時間:約4時間

GSuite, YouTubeなど、Googleのアプリケーションに影響が出た。

gigazine.net

Googleによる障害報告。

status.cloud.google.com

2019年6月6日、WhatsApp

障害時間:記載なし

原因:BGP Route Leak。China TelecomにWhatsAppのルートが吸い込まれた。

2019年6月24日、CloudFlare

影響時間:約2時間

原因:BGP Route Leak。Verizonによるものとされる。

CcloudFlare CDNを使う、DiscordやNintendo Life、Redditが影響を受けた。

gigazine.net

2019年7月4日、Apple

影響時間:約90分

原因:BGP Route Flap。

2019年9月6日、Wikipedia

影響時間:約9時間

原因:DDoS

インターネットは壊れる

あきみちさんの書いた『インターネットのカタチ―もろさが織り成す粘り強い世界―』という本にも書かれていましたが、インターネットは日々壊れています。

2019年の障害にBGPリークが起きていたりしますが、人が運用しているので結構起きがちな障害です。

私たちの身近なところであれば、2017年にもGoogleがBGPリークで世界的に影響を及ぼしたりしてます。実際に影響をうけて、記憶に新しい人も多いのではないでしょうか。

www.geekpage.jp

インターネット障害は、BGPリークのような論理的なものだけが原因ではありません。

海底ケーブルの切断なんかも結構起きます。

先日もイエメンにつながる海底ケーブルが切断されてインターネット接続に支障が出ているとニュースになっていました。

wired.jp

海底ケーブルは、人の手によって故意に切断されたり、サメが食いちぎったりと結構維持が大変みたいです。

切れた場合、イエメンのように冗長化が不十分な場合は全断もありえますが、通常は冗長化されているので迂回路を通ることになります。

迂回路を通る場合は、通信遅延につながったりします。

話はそれますが、海底ケーブルマップが公開されていますので、「日本はどことつながってるんだろう」と見てみるのも楽しいかもしれません。

maps.esri.com

海底ケーブルだけでなく、陸路のケーブルもよく切れます。

日本だとあまりないですが、インドのような国では地下に埋まっているケーブルを工事の際に誤って切断してしまう、みたいなことが結構あったりします。

地下のケーブルの場合は事故もあれば地震で切れることもあります。地上のケーブルも同様です。

インターネットは「カタチ」が目に見えないので、ついつい壊れるなんてありえないと思ってしまいがちですが、その裏側はすべて物理的なケーブル、ルーターなどでできていることを忘れてはいけません。

企業ネットワークのインターネット利用が進んでいますが、インターネット障害は意外としょっちゅう発生していますし、発生した場合は誰も手出しできません。

そのようなリスクがあることを許容した上で、うまく付き合っていく必要があるでしょう。

以上