おれさまラボの実験ノート

実際に手を動かして理解を深めるブログ。

技術書典8 に参加します!

はじめに

技術書典8に参加することになったので、モチベーションなどを語っていきます。

被チェック数の推移状況

サークルリストの被チェック数の推移を表示しています。

Googleスプレッドシートからグラフを表示しているので、毎朝9時時点の非チェック数を更新していこうと思います。

持ち込む本

『セキュリティ、解らん。』という本を持ち込みます。

内容は、GitHubに書いているので見てみてください。

github.com

モチベーション

なぜ参加しようと思ったか

技術書典は、技術同人誌のための祭典です。

ニッチな作品が多く、好奇心を満たすには最高のイベントです。

自分は、技術書典5から購入者として参加し、大変楽しんでおりました。

さて、技術書典7にも参加した頃、私は29歳の誕生日を迎えました。

20代最後ということで、振り返ってみると、自分はインプットばかりで、アウトプットをあまりしてこなかったなという思いがありました。

そんな頃に足を運んだ技術書典だったので、「次の技術書典では自分も本を出す側になりたい!」と思った次第です。

なぜセキュリティの本を出そうと思ったか

まず、近年セキュリティってめちゃくちゃ重要な要素の割に、難しすぎませんか?という疑問がありました。

たぶん、みんな思ってると思います。

かつ、自分の周りで「セキュリティの専門家」を名乗っている人たちに訪ねてみても、ぜんぜん的を射た答えが返ってこないという経験もありました。

悪い言い方をすれば、「分らせようという気がない」とか、もっと言うと「実はわかってないんじゃないか」と思うようにもなりました。

「たぶんきっと、世の中には自分と同じような思いをしている人がいるだろう。」

これが、今回本を書くに至ったモチベーションです。

目的はふたつ。

1.同じ思いを持った人と共感したい

2.(あわよくば)間違いを指摘されたい

特に2番目の目的が強いですね。

自分は仕事からももちろん学んでいますが、独学で学んでいることの方が比率としては多いです。

ということで、自分の理解をアウトプットすることで理解も深まりますし、セキュリティに関する議論ができればと思い筆をとった次第です。

おわりに

問題はまだぜんぜん書き終わってないことです。

がんばります。

以上