おれさまラボの実験ノート

実際に手を動かして理解を深めるブログ。

インターネットエクスチェンジ(IX)とは何か

はじめに

Twitter で IX のトラフィック増加に関するツイートを見かけました。IX についてよく知らなかったのでついでに調べてみました。

出典:りかたろうさんはTwitterを使っています 「以前コロナの影響でJPIXのトラヒックが爆発的に伸びてるってツイートを見て、世界のIXはどうなんだろうと思って見てみたら案の定3月辺りからどこも伸びていた👀 1枚目からAMS-IX(オランダ)、HXIX(香港)、DE-CIX(ドイツ)、MIX(イタリア)の年グラフ https://t.co/p5WhcLzYxg」 / Twitter

世界の Internet Exchange

Internet Exchange(IX)は世界中にあるわけだが、IX 事業者団体は5大陸にそれぞれある感じ。

出典:20160421-IX事情-at-ISOCJP

APIX association

APIX は Asia-Pacific Internet Exchange の略。アジア圏の以下 15 カ国、22 の IX プロバイダー(IXP)が加盟している。

  • AMS-IX Hong Kong (HK)
  • BBIX (JP)
  • BDIX (BD)
  • BKNIX (TH)
  • CHN-IX (CN)
  • DIX-IE (JP)
  • Equinix (HK, JP, SG)
  • HKIX (HK)
  • IIX (ID)
  • IX-Australia (AU, NZ)
  • JPIX (JP)
  • JPNAP (JP)
  • KINX (KR)
  • Mega-IX (AU, HK, SG, NZ)
  • MyIX (MY)
  • NIXI (IN)
  • NP-IX (NP)
  • NZIX (NZ)
  • SGIX (SG)
  • SOX (SG)
  • TPIX (TW)
  • VNIX (VN)

出典:20160421-IX事情-at-ISOCJP

EURO-IX

EURO-IX はその名のとおり欧州地域の IX 事業者団体。以下 71 の IXP が加盟している。

  • Albania Neutral Internet Exchange
  • Amsterdam Internet Exchange B.V.
  • Angola Internet eXchange
  • Armenian Internet Traffic Exchange
  • Asteroid
  • Atlantic IXPs
  • Beirut Internet Exchange
  • Belgian National Internet Exchange
  • Berlin Commercial Internet Exchange e.V.
  • Bosnia and Herzegovina Internet Exchange Point
  • Broadband Internet eXchange
  • Budapest Internet eXchange
  • Bulgarian Internet eXchange
  • Catalunya Neutral Internet Exchange
  • CERN Internet eXchange Point
  • Croatian Internet eXchange
  • CyrusOne
  • Danish Internet eXchange point
  • DE-CIX Management GmbH
  • Digital Realty Trust Inc.
  • DOrtmund Internet Exchange
  • ECIX/ Mega-IX
  • Equinix (EMEA) BV
  • ESpanix Association
  • Finnish Communication and Internet Exchange (FICIX)
  • France Internet Exchange (France-IX)
  • Friuli Venezia Giulia Internet eXchange
  • GIGAbit Portuguese Internet eXchange
  • Greek Internet Exchange
  • InterLAN - Internet Exchange
  • Internet Association of Australia Inc
  • Internet Exchange Point of Nigeria
  • Internet Neutral Exchange Association
  • Japan Internet Exchange
  • Japan Network Access Point
  • KINshasa Internet eXchange point
  • Kosovo Internet Exchange Point
  • Le GIX de la grande region Toulousaine
  • Leeds Internet Exchange
  • London Internet Exchange Ltd., The
  • London Network Access Point
  • Luxembourg Commercial Internet Exchange
  • Milan Internet eXchange
  • MSK-IX
  • NAPAfrica
  • Nautilus Mediterranean eXchange Point
  • NetIX
  • Netnod Internet Exchange i Sverige Ab
  • Neutral Internet Exchange
  • NIC Costa Rica
  • NIC.br
  • NIX.CZ
  • Norwegian Internet eXchange
  • Orange Polska
  • Peering.cz
  • Piter IX
  • Renater
  • Reykjavik Internet Exchange
  • Rezopole
  • Saudi Internet Exchange
  • Serbian Open eXchange
  • Slovenian Internet Exchange
  • Sri Lanka Telecom Internet Exchange - SLT-IX
  • Stockholm Internet Exchange
  • Swiss Internet Exchange
  • Tampere Region Exchange
  • Torino Piemonte Exchange Point
  • Tuscany Internet eXchange
  • United Arab Emirates Internet Exchange
  • Vienna Internet eXchange
  • VSIX Nap del Nord Est

出典:Members - EURO-IX

NA-IX

詳細不明。

LAC-IX

Latin American and Caribbean IXPs の略。加盟している IXP は見つけられなかった。

AF-IX

African IXP Association の略。33カ国、45 IXP が加盟。

加盟国:Angola, Benin, Botswana, Burkina Faso, Burundi, Cote d'Ivoire, Democratic Republic of Congo, Djibouti, Egypt, Gabon, Gambia, Ghana, Kenya, Lesotho, Liberia, Madagascar, Malawi, Mauritius, Mozambique, Namibia, Nigeria, Republic of Congo, Rwanda, Senegal, Somalia, South Africa, Sudan, Tanzania, Togo, Tunisia, Uganda, Zambia, Zimbabwe

  • Angola-IXP (ANG-IXP)
  • Angonix (Angonix)
  • Benin IX (BENINIX)
  • Botswana Internet Exchange (BIXP)
  • Burkina Faso Internet Exchange Point (BFIX)
  • Burundi National Internet Exchange Point (BDIXP)
  • Cote d'Ivoire Internet Exchange Point (CIVIX)
  • Kinshasa Internet eXchange point (KINIX)
  • Djibouti Internet Exchange (DjIX)
  • Cairo IX (CAIX)
  • Gabon Internet Exchange Point (GAB-IX)
  • Serekunda Internet Exchange Point (SIXP)
  • Ghana Internet Exchange (GIX)
  • Kenya Internet Exchange Point - Mombasa (KIXP - MSA)
  • Kenya Internet Exchange Point - Nairobi (KIXP)
  • Lesotho Internet Exchange Point (LIXP)
  • Liberia Internet Exchange Point (LIXP)
  • Madagascar Global Internet eXchange (MGIX)
  • Malawi Internet Exchange (MIX)
  • Mauritius Internet Exchange Point (MIXP)
  • Mozambique Internet Exchange (MOZIX)
  • Internet eXchange Point Namibia (IXWHK)
  • Abuja IX (IXPN)
  • Internet eXchange Point of Nigeria (IXPN)
  • Port Harcourt IX (IXPN)
  • Congo Internet Exchange (CGIX)
  • Rwanda Internet Exchange (RINEX)
  • Senegal Internet Exchange (SENIX)
  • Somalia Internet Exchange Point (SoIXP)
  • Cape Town Internet Exchange Point (CINX)
  • NAPAfrica IX Cape Town (NAPAfrica CT1)
  • Durban Internet Exchange Point (DINX)
  • NAPAfrica IX Durban (NAPAfrica DB1)
  • Johannesburg Internet Exchange Point (JINX)
  • NAPAfrica IX Johannesburg (NAPAfrica JB1)
  • Sudan Internet Exchange Point (SIXP)
  • Arusha Internet Exchange Point (AIXP)
  • Tanzania Internet Exchange (TIX)
  • Mwanza Internet Exchange Point (MIXP)
  • Zanzibar Internet Exchange Point (ZIXP)
  • Togo Internet Exchange Point (TGIX)
  • Tunisia IXP Tunis (TunIXP)
  • Uganda Internet eXchange Point (UIXP)
  • Zambia Internet Exchange Point (ZIXP)
  • Harare Internet Exchange Point (HIXP)

出典:The African IXP Association | A member of the Internet eXchange Federation

IX の存在意義

インターネットはさまざまなネットワーク(自律システム、Autonomous System [AS])の集合体です。そこには Peering と Transit というふたつの概念があります。

Peer

Peering(ピア、ピアリング)は対等な相互接続関係のことをいいます。つまり無償でトラフィックを交換できる場です。Internet Exchange は主に Peering の場として存在しています。そのため、多くの ISP やコンテンツ事業者が集まり、お互いのネットワークを共通の基盤で接続しています。この性質上、ピアリングで直接相互接続できるのは地理的に近い ISP やコンテンツ事業者に限られます。

Transit

Transit(トランジット)は、トラフィック量に応じた従量課金が発生する商用サービスです。AS は、他のインターネット全域の AS に対する接続性を Transit AS から提供してもらう必要があります。

Peering のメリット

通常、AS は Transit と Peering を併用しています。Peering を使うと2つのメリットがあります。

  • 近隣ネットワークとのトラフィック交換は Transit ではなく Peering を使用することで Transit 費用を削減できる
  • Transit を経由するよりも Peering することで近隣ネットワークとの物理的な距離が近くなるので遅延の影響を受けづらくなる

Peering の種類

Internet Exchange(IX)事業者から提供される共通基盤を使った Peering 方式を Public Peering(パブリックピアリング)、組織間で直接回線接続する Peering 方式を Private Peering(プライベートピアリング)といいます。

参考:インターネット用語1分解説~ピアリング/トランジットとは~ - JPNIC

IX の中身

IX は レイヤー2スイッチ(L2 スイッチ)でほとんど構成されるそうです。そのため、IX 内で遅延が発生することはかなりまれとのことで、帯域不足にならない限りは大丈夫とのこと。L2 スイッチなので、ping や traceroute のようなレイヤー3での観測はできない。

ping や traceroute で観測される遅延は ISP のルータが ICMP time exceeded 返答を低優先度にて行う仕様である場合に発生するそうです。この場合、特定のルータからの RTT のみが遅く、全体の通信には影響しない事象とのことです。

参考:インターネットエクスチェンジ - Wikipedia

IX の収入源は?

JPIX のような商用 IX では、IX のユーザーとなる主要 ISP を株主としたコンソーシアム型 IX という形態をとっています。なので、法人区分としては株式会社です。

参考:IXのユーザーとなる主要ISPを株主

非商用についてはよくわからなかったのですが、「この相互接続は売り物なのか。それともネットワークの価値を高めるための投資なのか。」という判断を繰り返しながら Peering しているようです。

参考:インターネット 歴史の一幕:日本の最初のIX、NSPIXP-1 - JPNIC

おわりに

以下を学びました。

  • IX は Perring の場を提供する共通基盤である
  • IX は基本的に L2 接続
  • IX 事業団体は5大陸で別れている
  • Peering は相互接続のため無償が基本だが、商用 IX も存在する

インターネットってなくてはならないものだけど、目に見えないからわかりにくいですよね。

以上