おれさまラボの実験ノート

実際に手を動かして理解を深めるブログ。

AWS CLI v2でアウトプットフォーマットを変更する方法

はじめに

AWS CLI v2でアウトプットフォーマットを変更する手順をメモしておきます。

恒久的な設定変更

初期設定時に aws configure コマンドでアウトプットフォーマットを設定していると思いますが、変更したい場合も aws configure コマンドを使えば良いです。

参考:AWS CLI v2 を使う環境を整える - おれさまラボ

アウトプットフォーマットを変えたい場合は、AWS Access Key ID、AWS Secret Access Key、Default region nameには何も入力せずに Enter を押下し、Default output formatまできたら変更したいアウトプットフォーマット(ここではjson)を入力して Enter を押下します。

> aws configure
AWS Access Key ID [****************2FU3]:
AWS Secret Access Key [****************VpJJ]:
Default region name [ap-northeast-1]:
Default output format [text]: json

一時的な設定変更

一度だけフォーマットを変更したい場合は --output オプションを使うこともできます。

> aws ec2 describe-instance-status --instance-ids "i-xxxxxxxxxxxxxxxxx" --output text
INSTANCESTATUSES        ap-northeast-1c i-xxxxxxxxxxxxxxxxx
INSTANCESTATE   16      running
INSTANCESTATUS  ok
DETAILS reachability    passed
SYSTEMSTATUS    ok
DETAILS reachability    passed

以上