おれさまラボの実験ノート

実際に手を動かして理解を深めるブログ。

Visual Studio Code 検索機能の使い方

はじめに

Visual Studio Code で検索する方法を調べてみました。

モチベーション

ここ一年くらいメインエディタは Visual Studio Code を使用しています。自分はコードをめったに書かないのですが、ブログだったり技術同人誌といった文章、メモはかなりの量を書きます。いままでは文章を書くことが中心で困ったことがなかったのです。

ところが最近、メモを markdown(マークダウン)形式でとって GitHub に保存するということをするようになりました。メモなのであとから振り返りたいことが多々あります。しかし、GitHub の検索機能ではレポジトリ内を満足に検索することができません。そこで、ローカルだったらサクサク検索できるかなと思い、方法を調べてみました。

GitHub の検索機能がうまく機能しない件については以下の記事を参照してください。

www.oresamalabo.net

本文内検索の方法

これはみなさんよくやるんじゃないでしょうか。

検索は [Ctrl + F] です。

ちなみに置換は [Ctrl + H] です。

フォルダ内検索の方法

画面左の検索タブ(🔍)を開くと通常の検索画面がでます。ここに検索したい文字列を入れればフォルダ内のファイルから任意のキーワード検索することができます。

詳細検索ボックスを表示することで特定のフォルダ/ファイルだけを検索することもできます。

画面左の検索タブの通常検索画面で [Ctrl + Shift + J] を押下するとファイルを絞り込むための詳細な検索画面が表示されます。

ここで検索演算子を使ってフォルダ/ファイルを絞り込むことができます。検索演算子は以下の Microsoft ドキュメントを参考にしてください。

参考:[正規表現を使用する] - Visual Studio | Microsoft Docs

おわりに

なんで今まであのタブ(🔍)を使ってこなかったのだろうとちょっと不思議な気持ちになりましたが、vscode なら全文検索もサクサクできます。覚えておきましょう。

以上