おれさまラボの実験ノート

実際に手を動かして理解を深めるブログ。

AWS CloudTrailを有効にしてS3バケットにログを保存する方法

はじめに

AWSにはCloudTrailというAPIコールを記録する仕組みがあります。そのログをS3バケットに保管する方法をメモとして残しておきます。

参考:クラウド破産を回避するAWS実践ガイド - KOS-MOS - BOOTH

CloudTrailの設定

CloudTrailダッシュボードから [証跡の作成] をクリックする。

💡:すでに作成済みの場合は [証跡の表示] ボタンになっている。

以下のとおり設定する。

  • 証跡情報を全てのリージョンに適用:はい
  • 読み込み/書き込みイベント:すべて
  • AWS KMS のイベントを記録する:はい
  • Log Insights イベント:はい

💡:InsightsイベントはAWSアカウントの書き込み管理APIの以上な呼び出しボリュームをキャプチャする機能。CloudTrail Insightsを使うために必要な記録。有効後、最初のInsightsイベント受信までに最大36時間かかる。

💡:S3バケットの名前は「全世界で一意」である必要があることに注意。

以上